結婚観

オニババ?

ところでブログタイトルにあるように、私自身「負け犬」を自認しているわけですが、

最近は負け犬を凌駕するイキオイで「オニババ」論も話題になっていますね。

 

「オニババ化する女たち 」という本、新聞などによる内容紹介を読む限り、

つっこみどころ満載なんだろうな~と思っていたところ、毎日新聞にこんな記事が。

「オニババ」ってなに?

  上 医学的に高齢出産を考える

  下 社会学的に晩婚化を考える

 

乱暴に要約すると、「女は早く子供を産め」「相手は誰でもよし」

「性エネルギーを持て余したまま中年になると、女はオニババになる」

という内容みたいです。オニババ本。

 

オニババ本には全く共感できない私ですが、この新聞記事の件をネットで検索してみると、

賛否両論あるようですね。(賛同者がいることにビックリだよ)

 

特に「下」の記事では小倉千加子がコメントしていることもあり、

オニババ派の人は、「またフェミニストが。フッ(鼻で笑う)」って感じみたいですね。

 

私も色々言いたいことはあるものの、なんかヘタに意見を書くことができないテーマかも。

でもそのうち語りたくなるかもしれないので、忘れないようにサワリだけ書いておきました。

 

 

☆1点追加訂正☆

オニババ本には全く共感できない、と書いたけど、

子を産む機能をもった女として生まれたからには、出産した方が良いということは

私も重々承知しています。

だから、『身体の声に耳を傾ける』という意味では、共感します。

 

広告

2 thoughts on “オニババ?”

  1. はじめまして! タイトルに惹かれて遊びに来ました!わたしも負け犬条件満たしてます~日記を少しだけ読ませていただいて、なんだかとっても共感すること多くって。「黒皮の手帖」よかったですよねーー 綺麗で迫力あったわ!主題歌も雰囲気ぴったりで、たまに頭の中でリフレインしてます。負け犬本といいオニババ本といい、私たち独身女性を題材にした本が注目されてますが、話題にされる当の本人たちは、それほど日々の生活には困っていなくって、自分を客観的に見れる余裕がある。評論されることに耐えうる人が多いし、だから書き手も書きやすいのかな、と思ったり。。。とりめもなくってごめんなさい。上手くいえないけれど、言われるうちが華なのかな。また、遊びに来ますね!

  2. 明るい未来へさん、こんにちは~コメントありがとうございます♪「言われるうちが華」って、確かにそうですね。無いことにされる方が哀しいですものね。(「黒革」にも、そんなセリフありましたね。「憎まれる方がいい。忘れられるより、ずっとマシ」みたいな)明るい未来へさんのブログにおじゃましてみたら、11月8日に、オニババのこと書いてらしたんですね。しかもタイトルまで同じでアセりました。(パクリじゃないです~)また遊びにいらしてくださいね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中