結婚観

幸せな錯覚

もし、自分に好意をもっていそうな男性がいたとしたら?

私は相手を観察し、言葉の裏を読んで、分析してしまうタイプ。

あと、ウソも敏感にかぎつけて、醒めてしまったり。

 

心理学のゆうきゆうセンセイのメルマガによると、

「原因帰属錯誤」というものがあって、原因によって間違えてしまうことがあるそうです。

 

例えるならば、ウソをついた男性に対しても「私を傷つけないためにウソついたのよ」

と判断したり、殴られても「私のこと本気で好きなんだ」とか思っちゃう、

いわゆる「だめんず」に何度も騙されちゃう人がこのタイプですね。

 

このように物事を好意的にとりやすい人ほど、人のことを好きになりやすく、

ネガティブな結果に終わることも多いけど、その分うまく結婚できる可能性も高いそうです。

で、『逆に言えば、相手のちょっとした行動をネガティブな意味合いに

とってしまいやすい人ほど、恋人がいない期間が長くなったりします。』とのこと。

それって私のコトじゃないですか!

私に足りないのは、「幸せな錯覚」なのであるなー。

 

☆プロフィール少し追加しました

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中