テレビ

憧れの女性

同じ会社の、同年代の友達と時々話題にするのは

「会社に、お手本にしたい先輩女性がいない」ということ。

 

女性の管理職は何人かいるけど、「自分は将来あんな風になりたいか?」

というと、ちょっと違う。

 

語弊があるといけないけど、「あんな風になりたくない」と思っている訳では決してない。

皆それぞれ仕事ができる人だと思うし、家庭と両立している人もいる。

女を捨ててギスギスしている訳でもない。

 

でも。「私も○○さんみたいになりた~い」と憧れるか?というと、

「いや~どうなんでしょう?」という感じなのである。

要は、自分がこの先、今の会社でどうしたいのかビジョンが見えないんですね。

 

なぜゆえフトこんなことを考えたかというと、『たけしのTVタックル』を観ていて、

「私、阿川佐和子みたいな50代になりたいな~」と思ったのです。

 

かわいらしくて可憐なイメージでありながら、海千山千のジジイたち

(たけしを筆頭に毎回登場する政治家たちのことね)

を仕切る度胸と知性を持っている。

声高に自分を主張することもなく、要所要所で的確にビシッと締める。

でもユーモアと余裕があるから、他の人を嫌な気持ちにさせない。

 

カッコイイな~阿川佐和子。

あんな女性になりたい。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中