結婚観

30代の余暇は「女ひとり」

ちょっと興味深い調査結果がありました。

 

1人暮らし独身OLの健康と生活意識に関する調査

~自分の仕事は「やりがい」優先、将来の夫には「安定」した仕事を望む

  30代の余暇は「女ひとり」

(下線は私がつけました)

 

25~29歳および30~34歳の独身女性と、比較対象として25~34歳の既婚女性(子供あり)に

聞いた『仕事』『生きがい』『結婚観』などです。

 

【仕事】

●今後も「ぜひ仕事を続けたい」

・25~29歳の層で34.1%なのに対し、30~34歳の層では61.3%と急増

 

   →10年くらい働き続けると、ずっと仕事を続けられる自信が出てくるんでしょうかね~

 

【結婚観】

●結婚を「ぜひ」「できれば」した方がよい

・25~29歳の層は61.6%なのに対し、30~34歳の層は48.2%と減少。

(30~34歳の「してもしなくても、どちらでもよい」という回答は約50%)

 

  →「どちらでもよい」という回答、20代では何%なのか不明ですが、

   30代でどうでもよくなってくる気持ち、少し分かります。

 

【生きがい】

・25~29歳の層のトップ3は「ショッピング」「おしゃれ」「趣味・習い事」

・30~34歳の層のトップ3は「ショッピング」「趣味・習い事」「仕事」 

・主婦(核家族)の“生きがい”は「子供」「夫」「食べること」。

 

   →30代になると、「おしゃれ」のウエイトが低くなるんですね~

    主婦になると、TOP3からも脱落・・・

 

●一人暮らし独身OLが余暇を共に過ごす相手

・25~29歳の層では、1位「恋人」と2位「友達」が圧倒的に多い。

・30~34歳の層では、「恋人」が減り、1位「友達」2位「自分ひとり」に変化。

 

   →『自分ひとり』って、私も正にそうですけど、こうして言われちゃうと切ないです・・・

    当人たちは、ひとりでも結構お気楽なんですけど、傍からみたらカワイソーって思うんでしょうね~

 

調査結果から全体を通して言えることは、30歳を境に仕事や結婚に対する意識、

余暇の過ごし方が大きく変わるということですね。

 

それにしても30代の余暇は『女ひとり』って・・・すごいコピーだな。

 

広告

2 thoughts on “30代の余暇は「女ひとり」”

  1. 転職支援のインテリジェンスの今日の記事に次のようなものが・・・「人生の勝ち組」は年収1,000万円以上?! そんな中、「自分を勝ち組だと思うか、負け組だと思うか」という究極の質問を浴びせる調査も出現した。電通消費者研究センターの行ったこの調査によれば、「人生の勝ち負けを決めるのはやはり経済力」らしい。 負け犬より・・・勝ち組のほうがいいや!って思っちゃっています。余暇は一人が多いけど、最近はそれを「お一人様」とも言いますから・・結構、「お一人様」時間を楽しんでいます。

  2. MYU(・・)vさん、はじめまして教えていただいた記事、早速読んでみました。勝ち組意識、収入の満足度、ともに年収1000万円を超えるとグッと上がるんですね。たしかに1000万あったら暮らしが楽になるだろうな~。「おひとりさま」が浸透してきているのは、私も喜ばしく思います!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中