徒然

金勘定

前職(金融)のせいで、お金を数えるのがスゴク早いワタクシであります。

入社してすぐの合宿研修で叩き込まれた札勘(さつかん、という)テクニックは、

辞めて10年以上たった今も身についています。

(子供銀行みたいなお札で練習するの。そして試験がある)

 

一度自転車に乗れたらずっと乗れる、みたいなものなのかしら?

 

でも、自分のお金はあっという間に数え終わってしまうので、

華麗なテクニックも、披露する機会がないんですけどね…

 

そうはいっても、お金に対するコダワリは妙にあって、今でもお財布に入れるお札は

必ず顔の向きを揃えています。

で、同じ種類ごとにまとめて、1,000円→5,000円→10,000円、という順番で

財布に入れるのがオレ流。小銭も5円以下と10円以上に分類して入れています。

 

そうすると、レジで素早くお金が払えるのです。

自分がそうなので、スーパーなどで前の人がもたもたしてるのは、とってもイライラする~

 

最近はそうでもないけど、少し前に新札が発行されたばかりの頃は

新券(いわゆるピン札)が多く出回っていて、数えにくくて困りました。

2枚がぴったりくっついちゃうんですよね。

 

で、多分、私、間違えて1枚多く払ってしまったこともあります(泣)

家計簿をつけながら財布の残金を数えたとき、思っていたよりも少なくて、愕然としましたよ…

いえ、1,000円なんですけどね…

 

根が小市民なので、「10,000円じゃなくて良かったジャン」と横須賀弁(?)で

自分をなぐさめながらも、忘れられない。ちっちゃいワタクシなのでありました。

 

広告

9 thoughts on “金勘定”

  1. 私も新人の頃、札勘の特訓やりました。でも、金融関係ではなく、小売だったので量的にはたかがしれてますけどね~もちろん、お財布の中は、お顔の向きも揃えているし、小銭も分類してます。さらに、家計の財布と自分の財布、二つに分けておりまする。

  2. じゃんぼおかんさん小売でも札勘あるんですね。お金を扱うわけですものね。お財布を分けてるとは、サスガ!

  3. こんにちは。まねきねこさんは、文章構成力(?)があるなぁ~といつも感心させられます。今日バックナンバーから勝手に拾い読みとかさせていただきましたが、“うんうん”って感じでした。合コンネタとか、会社ネタなど・・・ホントに読者気分です。

  4. 財布にお札を入れる時は逆向きに(人物のアタマの方を下にして)入れろ、と云われたことがあります。その方がお金が出ていかないというのですが・・・一応実行してたけど効果はなかったような。風水に凝ってる人に云われてお財布の色を黄色にした時も、あまり効果はなかったですね。何故こーいう姑息なことはすぐ実践するんだろう。我ながらいじましい。

  5. Cassさん書き忘れておりましたが、向きをそろえたお札の頭を下にしてお財布に入れるのは、私も実行しています。でも飛ぶように出て行くので、効果の程は分かりません…(でもしつこく実行中)

  6. 本文とはずれちゃうけど「じゃん」は横須賀?横浜弁と思っていました。根拠はないんですけどね。

  7. ねこさん「ジャン」は、横浜~横須賀あたりで使われているようです。私はヨコスカ出身なので、横須賀弁と表現しました~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中