結婚観

愛ってなんですか

早速みました!『おでんくん』

 

DVDを貸してくださったサイトー氏のブログでも紹介されていた

「愛ってなんですか の巻」が、とっても!印象深かったです。

 

 

おでん屋台のおじさんが、お客さんの女性を好きになってしまいます。

おじさんのために一肌ぬごうと、その女性のココロの中に入っていって、

「おじさんはとってもいい人なんだ。おじさんのことを好きになってください」

とお願いするおでんくん。

 

でも、ココロちゃんは、うんと言ってくれません。

業を煮やしたおでんくんが、「もちもちキャッチ」(トリモチみたいなワザ)で、

ココロをつかまえようとしたところ、たまごちゃんとウィンナーくんに止められます。

 

「ココロをムリヤリ奪ってはいけないわ。そんなことをしても、おじさんも女の人も幸せじゃないのよ」

 そう、その女性には他に好きな人がいたのです。

 

「幸せ…?」

「そうよ。愛は幸せでなくてはいけないの」

 

あああ。

ガツンときます。名言です。

 

(余談ですが、おじさんの声は、あの、知る人ぞ知る秋山道男氏!個人的ツボでした)

 

 

一方、瀬戸内寂聴さんは、愛についてこうおっしゃいました。

(昨年オンエアされたドラマ「女の一代記」より)

 

愛することは苦しみを伴う。傷つくことを恐れず人を愛しましょう。

 

 怪我をしてもいい、傷ついてもいい、血を流してもいいから、愛しなさい。

 情熱のない人生はイヤ。情熱のない芸術作品はイヤ。

 恋愛も情熱的に、カミナリが落ちてくるように、ある日突然落ちてくるもの。恋愛はだから面白い」

 

 

愛は幸せでなくてはいけない。

愛することは苦しみを伴う。

 

それはきっと、多分どちらも真実。

 

 

でも、私には本当のところはよく分かりません。

以前の日記に、「負の感情も含めて恋愛の醍醐味である」と書いたワタクシではありますが、

まったりのんびりした恋愛に救いを求めたいのも今の率直な心境です。

 

苦しみさえも幸せと感じられる、それが愛だということなのでしょうか。

うう、「愛ってなんですか」?

 

これは永遠のテーマなのかも。

 

広告

2 thoughts on “愛ってなんですか”

  1. 「おでんくん」絵もカワユイし、楽しめますよね~
     
    「愛ってなんですか」の回は確かに考えさせられました。
    誰かに聞かれたら何て答えようかな。。。
     
    DVDはゼンゼン急ぎませんのでゆっくりしてくださいね。
     
    PS:リンク貼って頂いたオカゲでしょうか。アクセス数急増で嬉しい悲鳴です。
    ありがとうございました m(__)m

  2. サイトーさま
     
    おでんくんは「もち巾着」なので、飛び道具として
    アタマからおもちを出すのがラブリーですよね。
     
    こちらのサイトも、ナゼかここ数日アクセス数が急増しています。
    相乗効果でしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中