徒然

やる気のありそうなオンナ

最近、会社に着くなりリポDを一気飲みするのが習慣化しています。

 

今日は、先日買ったNIKITA風ワンピースを着てみました。

思った以上に胸元の開きが大きかったのですが、

谷間を見せながらリポDを飲むオンナって、超やる気アリ、って感じ?

と、ちょっと心配になりました。

 

やる気はありません。念のため。

 

広告
おシゴト

宴会幹事の資質とは

今日は職場の歓送迎会でした。

 

いいトシして、セクション内最年少のワタクシ、

こういう場合、当然、幹事を務めさせていただきます。

 

1.各人のスケジュールを確認して日程を決め、

2.決まった日程を取り急ぎ参加者に連絡、

3.希望や予算を考慮しつつお店を選んで予約し、

4.参加者に詳細を連絡。

 

このあたりの作業は、面倒といえば面倒ですが、まあ問題ない。

今はネットやメールのおかげで、本当にラクになりました。

昔はタイヘンでした…

 

5.当日、主役ほか参加者に声掛け

6.人数最終確認の上、変更があればお店に連絡

7.お店の人に指示出し、参加者へ目配り

8.会費徴収

9.お会計

 

このあたりも、別に苦にはならない。

私が最もニガテとするのは、

 

10.お開きの仕切り

 

なのであります。

 

チェーン系居酒屋なら、2時間で強制的に追い出されるのでよいのですが、

そうでない場合(本日)、お開きを切り出すのは結構タイヘンなんです。

だって、だって会話もお酒のオーダーも、途切れることがナイんですもの…

 

「局長の話の途中で締めたら、やっぱり失礼だよな~」

「あー、そうこうするうちに部長のグラスが空いてしまった。…っと思ったらおかわりを頼んでしまった!」

「部長がおかわりを飲み終わる頃に締めよう…っと思ったら今度は主役がおかわりを頼んでしまった!」

「そして、今回の組織改変の話が盛り上がりすぎて終わらない!」

「お、一瞬会話が途切れた!いまだ!…っと思ったら主役がトイレに立ってしまった!」

 

という感じで、延々と宴会は続くのであります。

(ちなみに、この時点で飲み放題の制限時間である2時間が経過しているため、既に会計は

 締めているのですが、新しい伝票を起こして追加オーダーしているのです)

 

こういうとき、私はマジで田原総一朗にあこがれます。

『朝まで生テレビ』における喧々諤々の議論を、

「はい、ここで一旦CMです」とアッサリぶった切るソウイチロウ。

 

…私にはできません。意気地なし。

 

あまり飲めないので、オナカいっぱいになるとヒマだし、早く帰りたいんです。

でも私以外のメンバーは酒豪揃いなので、飲み足りないまま締めてしまうのは忍びないな~

とか考えると、余計にお開きのタイミングを失ってしまうのです。

 

そんなわけで、

「えー、宴たけなわではありますが、ワタクシはこれにて失礼させていただきます。

 みなさまは引き続きお楽しみください。後はよろしく~」

と、今日も自分ひとり帰るのが精一杯なのでありました。

 

徒然

気づいてしまうヒト

7月22日(土)の産経新聞、阿久悠さんのコラムより抜粋。

 

「とにかく人間同士の社会でいちばんの悲劇は、鈍感勝ちの繊細負けという結果である」

「鈍感は相手を考えないことによって我を通す。 『鈍感』は害なのである」

 

ちょっと同感。

結構神経質なワタクシ、鈍感な人のおかげでストレスがたまることって結構多いんす。

 

通勤電車しかり。職場しかり。

 

 

『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』という本を読むと、

私もHSP(Highly Sensitive Person=とても敏感な人)なんじゃないかと思います。

 

【HSP自己テスト】 (上記の本より引用)

 

・自分を取り巻く環境の微妙な変化によく気づくほうだ

・他人の気分に左右される

・痛みにとても敏感である

・忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所に

 引きこもりたくなる

・カフェインに敏感に反応する

・明るい光や匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい

・豊かな想像力を持ち、空想にふけりやすい

・騒音に悩まされやすい

・美術や音楽に深く心動かされる

・とても良心的である

・すぐにびっくりする(仰天する)

・短期間にたくさんのことをしなければならないとき、混乱してしまう

・人が何かで不快な思いをしているとき、どうすれば快適になるかすぐに気づく

・一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ

・ミスをしたり、物を忘れたりしないように、いつも気をつける

・暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている

・あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり神経が昂ぶる

・空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる

・生活に変化があると混乱する

・デリケートな香りや味、音楽などを好む

・動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している

・仕事をするとき、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる

・子供の頃、親や教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた

 

以上の質問のうち12個以上にあてはまるアナタはおそらく「HSP」(とても敏感な人)でしょう。

しかし、たとえ、あてはまる項目がひとつかふたつしかなくても、その度合いが極端に強ければ

そんなアナタも「HSP」かもしれません・・・とのこと。

(私は12個以上あてはまります)

 

ちなみに、この『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』という本では、

「Sensitive」を「敏感」と訳しています。

 

「敏感さ」には「理解力がある」「よく気がつく」などの意味も含まれるため、

非HSPの人がHSPの人より劣る、と捉えられることを著者は懸念しています。

逆に、「敏感であること」につきまとうマイナスイメージについても触れています。

そう、まさに、この問題はデリケートなのです。

 

(余談ですが、冒頭で引用した阿久悠さんのコラム原文には「繊細な方がエライ」的な

 ニュアンスがあり、そこは微妙なところです)

 

 

話かわって。

職場や家庭において、「気づいた人がする」シゴトってありますよね。

ちょっとした片づけとか。

 

それって、大抵の場合、気づく人はスグ気づくし、気づかない人はズット気づかない訳で、

結局気づいてしまう人にシゴトが集中しがちです。

なんか、損した気分です。

 

「なら、気づいても手をつけなければいいじゃないか」という人もいますが、

気づいているのに気づかないフリをするのも、それはそれでストレスになってしまうので厄介なのです。

 

「気づいてしまうヒト」って、やっぱり損しているのでしょうか?

 

『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』には、

HSPのヒトは「HSPらしさ」を活かした生活をしたり、仕事をすれば良いと書かれています。

芸術的な面や、他人の気持ちを察知する能力や、その他自分の長所を信じることが大切だ、と。

 

えっと、なんか書いてるうちに思いがけず長くなってしまいましたが、

『敏感な人』ってどうしても『鈍感な人』に傷つけられがちで、それはある意味仕方のないことと、

私自身はあきらめています。

が、そんな『敏感な自分』を受け入れて生きていければいいのかな、と思うわけです。

 

この鈍感さに満ちた社会のなかで。

 

徒然

謝罪と涙

企業やゲーノー人の不祥事による謝罪会見が続く今日この頃。

 

テレビで謝罪会見を見ていると、「あーあ、あんな会見して、逆効果だよ。」

と思うことが多いのです。(例:パ○マ、シン○ラー)

 

記者会見を行う際、最も注意を要するといっても過言ではない謝罪会見。

おめでたい内容の会見と違って、マスコミや世論の見る目は厳しいからね。

 

そして最近の会見を見ていて気になるのは、泣きながら会見する人達のコト。

いつ頃から『人前で泣くこと』が恥ずかしいことではなくなったのか

思いを馳せてしまいます。

 

 

私がまだ初々しいOLだった頃、『職場で泣くこと』って最大のNG事項だったような気がします。

「女は泣けば済むからいいよなー」って周りの男性に言われたくなくて、

怒られたり悔しいコトがあったりして泣きそうになっても、あふれる涙をぐっと耐えて、

トイレで泣いて、お化粧を直してから席に戻った、という経験のある女性は多いと思います。

 

涙って、同情を得られると同時に、人に「あーあ」というゲンナリした気持ちを抱かせるもの

だと思っています。だって、泣いてる人には、もうそれ以上何も言えないから。

これは、かつて自分が、耐えきれずに泣いてしまったときにヒシヒシと感じたことです。

「許される」のではなく、「もういいよ、と見放される」感覚。

 

 

話を謝罪会見に戻すと、今まで見てきた会見で印象に残っているのは、

年金未納のエスミマキコさんのときのもの。

会見を開かずマスコミへのFAXで済ませたり、事務所の人が行うのではなくて、

自ら矢面に立ち、言い訳せず、当然泣きもせずに潔くお詫びの言葉を述べた彼女の姿は、

カッコよかった。

 

繰り返しになりますが、FAXや代理会見で済ませずに、本人が会見することは

とても勇気のいることだと思います。

 

だからせっかく会見を開くなら、泣いたりウソをついたりせずに、(ウソもゼッタイ厳禁!)

毅然と堂々と、心からの謝罪をしてほしいと思います。

 

そうすることによって、逆に評価を上げる結果にもなります。

(エスミさんや、松下の石油ファンヒーター回収の事例のように)

『ピンチをチャンスに』、ってやつです。

 

それにしても、人前で泣くのはルール違反だよなあ…

 

お買物

お買物つづき

そして打ち止め(予定)。

 

先日の日記で悩んでいたワンピース、結局買ってしまいました。

黒地に小花模様のワンピースを一体何枚持っているのか…

 

でも、昔買ったモノって、やっぱりラインや丈が今のモノと違うんですよね。

これは胸元が大きく開いていてウエストはピタピタの、NIKITA風(笑)です。

 

目指せ!柄美女(ガラージョ)←NIKITA用語。“ちょいムチバディも目くらまし!”だそう。

お買物

お買物

世間ではバーゲンシーズンですが、ワタクシ的には盛り上がりに欠けております。

ていうか、このまま盛り上がらずに済ませたい。

 

と言いながらも、ちょこちょこ小物は買っています。カットソーとか。

で、今日買ったのはサンダル2足。

 

他に、欲しいな~と思っているワンピースがあるのですが、

先週一緒にお買物に行った際、「ワンピースは着ていくところがないしな~」と迷っていた私に

「着ていくところは作るのよ!」とキッパリ言ったorieveさん、素敵です。

 

でもなあ、頑張ってもNIKITAオフで着るくらいしか思いつかんのですよ…

(多分Gocon向きのデザインではないと思う)

まだ迷っています。もう売り切れてるかもしれないが。 

 

 

全然カンケーありませんが、傷だらけのワタクシであります。

正確に言うと、アザだらけ。

 

ある日気づいたら、膝に大きな青アザができていました。(現在黒っぽく変化中)

いつブツケタのか、身に覚えがないのです。酔って転んだ、とかではない…はず。

 

そして昨日、ちょっとしたアクシデントによりオシリを強打し、こちらも見事な青アザに。

 

美しくない… (-"-;)

 

↓戦利品のサンダル♪