趣味的日常

ここらで楽しい話題でも。

・・・とはいえ最近パッとしないので、さかのぼって、

じゃんぼおかんさん宅での新年会の話題を。 (古いネタでスマヌ)

 

去る1月14日(日)、じゃんぼおかんさんのお宅へ、totoroさんと遊びに行きました。

目的は、おかんさんの手作りランチ&カラオケ!

 

おかんさんのゴハンは、いつもブログで見て「おいしそうだな~!」と思っていたので、

今回ごちそうになって感激でした。ホントおいしかったです。

 

カラオケは、昔なつかし聖子ちゃん&ユーミンしばりで。

アルバムの曲もバンバン歌えてストレス解消~

 

詳しくは、じゃんぼおかんさんのブログ(前編後編)&totoroさんのブログでドゾ。

 

写真は、おかんさん特製の「たらこパスタ」と、 (ちなみにスープやサラダも絶品でした!)

totoroさんにいただいた「ローラアシュレイのハンドタオル&紅茶・ハチミツのセット」

(と、某氏からのお土産「黒七味」)

徒然

寝るが一番・・・

楽しくないデキゴトから早1週間。 (あ、直後の飲み会は楽しかったデスが!)

みなさまには色々とご心配おかけして、申し訳ありませんでした。 

 

心労がたたったのか?邪気にやられたのか?

体調を崩して、週末寝込んでおりました。

メンタル面、弱いなー。

心身ともにタフになりたい。

 

しかし、土曜~火曜の4日間、1日につき18~20時間くらい眠ったおかげで

カナリ充電できたようです。

人間、寝るのが一番休まりますね。うん。睡眠は大切。

 

徒然

楽しくない話題ですが。

今の家に住むようになって何年か経った頃から、

隣の施設から発生する低周波音が気になるようになりました。

最初は騒音源がわからず、一時期は不眠状態になるほど悩みましたが、

色々調べていくうちに、我が家に隣接する施設(某大企業)からだと判ったのです。

 

ちなみに低周波音とは、エアコンの室外機や冷蔵庫のモーター音などの、

低く「ブーン」という振動を伴う、周波数の低い音です。

 

で、音源である施設に対しクレームを入れた訳ですが、

昔も今も、低周波音による騒音問題は一般的ではないですし、

音の感じ方には個人差があるため、話し合いはカナリ難航しました。

それでなくても、大企業 VS 小市民(しかも単身女性)という構図の対決、

ウンザリするシチューエーションであります。

 

苦節ウン年、色々ありながらも最近ようやく終焉を迎えそうで、

それは結構なことなのですが、今まで封印していたこのネタ、なぜ今更書こうと思ったかというと、

昨日もたれた話し合いの場での、先方担当者の高圧的な言動に、

バトルと言っても過言ではない応酬があって、久々に消耗したわけです…

 

今まで何度となく話し合いをしてきて、まあ淡々と進んできたのですよ。

なのに急に態度を豹変させて、

「そもそも、ウチの施設は昔からあった。ウチの隣に後から出来たマンションを買った○○さんが悪い」

とか、

「不動産を買うってことは、そういうリスクを背負うことでしょう」 (←アンタに言われる筋合いないわ!)

とか、

「○○さんひとりのために、いくら使ったと思ってるんだ!」  (←うちのマンションには100人以上住んでるし、近隣には他にもマンションあるんだけど)

とか。

まあ他にも色々言われました。

しかも大声で、腕組み&貧乏ゆすりといった高圧的かつ威圧的な態度で。

 

もうこれ以上クレーマー(=私)に関わりあいたくなくてのパフォーマンスだと思いますが、

大人の黒さを見せ付けられて、相当ゲンナリしましたわ。

 

本当は私も、いつまでも問題を抱えたまま引きずるのもイヤだし、

そろそろ打ち止めにしようかと思っていたのですが、気が変わりました。

面倒な課題をひとつ要求し、それがクリアにならなければ納得しないことにしたのです。

 

いくら、「これからはちゃんと見ていきますから」と言われたって、

「誰が」「何を」「どういう方法で」管理していくのか、ハッキリしていただかないと…ねえ。

というわけで、それらを明文化してもらうことに。

 

私も社会人なのでよく分かるのですが、クレームの対応策を文書で出すのって、 

クレームを受けた側としては、相当嫌なことなんですよね。証拠が残るからね。

なので今回はあえて要求した次第。

 

ところで、普段は平和主義の私(ホントか?)、大人同士の喧嘩にあまり慣れていないのですが、

逆上すればするほど冷静な口調になることが判明しました。 自分再発見☆なんて。…ふう。

後になって、故・ナンシー関さんが、  櫻井良子キャスターを「お上品爆弾」と称したことを思い出しましたが、

(上品なモノ言いの方が、かえって怖い) あそこまでの威力はなかったんだろうなあ。

 

それでも仕上げに、帰り際に「あ、そうそう」という感じで

「先ほどの発言↑は許せません」と冷静に抗議してみました。そしたら一応謝罪してくれました。

(渋々感満載でしたが)

 

今度こういう場面になったら、テーブルをバンッ!と叩いて立ち上がるとか、

椅子を蹴り倒したりしてみようかな。 それもいいな。

 

それにしても。あーあ、喧嘩は疲れます。

 

そんなことがあった後、「負け犬新年会 兼 1月生まれメンバーお誕生会」に

出席するべく、恵比寿に向かったのでした。

でも飲み会があって良かった。予定がなかったら、ダークな気持ちを引きずったまま

家路につかなければいけないところでした。

 

大人って色々大変です。

でも飲み会は相変わらず楽しかったのと、

このところちょっとスレチガイだったヒトと電話で話せたことと、

家に帰ったら、スガシカオの新しいCDがAmazonから届いていたのが救いでした。

 

結婚観

人はなぜ恋に落ちるのか?

本日の朝日新聞朝刊(生活面)に、ちょっと興味深い記事が。

 

「なぜ恋に落ちる」というテーマで、

「もともと男友達だった人と今は恋人として付き合っている。

 別の男友達とは、絶対そうなりそうにない。

 なぜ特定の人同士が惹かれ合うのでしょうか?そもそも人はなぜ恋をするのでしょうか?」

という女性からの質問に答える形式で「恋」について考察しています。

 

恋愛心理に詳しい斎藤勇氏(立正大学教授)によると、

「米国の研究によると、趣味や嗜好の似たもの同士が好きになる傾向がある。

 ただ、似ている項目が多くても、違う項目が多いと好意度は低くなります」

とのこと。ふむ。価値観の違い、ってやつでしょうね。

 

生物学的にいうとどうか?動物行動科学研究家の竹内久美子さんによると、

「動物は、より免疫力の強い子孫を残すために、免疫の型がなるべく違うタイプの異性を

 本能で選んでいます。実は人間も一緒です」

だそう。なるほど。

 

ちなみに、カギは「におい」だそうで、米国の人類学者ヘレン・フィッシャーさんによると、

女性に男性の汗まみれ(!)のシャツのにおいをかいでもらい、「どれが一番セクシーか」と聞いたところ、

選んだのは免疫システムが違う相手のシャツだった、という実験結果があるんですって。

においって重要なのよね。本能的にね。

 

男と女では、恋愛に求めるものに違いがあると話すのは、感性アナリストの黒川伊保子さん。

女性は男性に比べて楽しいと思う気持ちが脳に蓄積されやすく、

「男性が女性を喜ばせようと思って、おしゃれな店に連れて行く場合、

 当日サプライズで行くよりも、3週間前から予告して楽しみにさせた方が、

 女性は喜びが大きいんです」

とのこと。

 

あのね、これ、すっごくよく解ります!

世の多くの男性は、この事実を理解していないと思います!

 

・彼女の誕生日をサプライズでお祝いしようと思ってすれ違ってしまった、オスの負け犬メンバー。

 (名は伏せます)

・奥さんの誕生日に張込んでバッグを買ってあげたのに、あまり喜ばれなかった上司。

 (事前に好みを聞いておくなり、一緒に選べば良かったのに)

他にもたくさん、私の知る限りでも失敗事例は数え切れないほどあります。

かくいう私も、この類の原因で過去なんどケンカしたことか…

 

これを読んだ男性の皆様、この女性心理を解ってください!

そして、もしイベントやお祝い事をしてくれるなら、事前に予告して、

楽しい気分をなるべく長く味あわせてください!

楽しい情報は、事前に知らされても、当日目減りすることはありませんから。

女性たちの幸せのために、切に!お願い申し上げます。

 

ちなみにこの新聞記事に、オチらしいオチはないのですが、

韓国ドラマにはまる女性たちについて、精神科医の香山リカ氏の

「擬似恋愛をしているわけで、それはそれで健全です。

 でも、現実の恋愛の方が、もっと人を成長させますよ」

というコメントで締めくくられています。

 

そう、恋愛という人間関係は、人を成長させるのです。

 

人はなぜ恋に落ちるのか?その理由はわかりません

でも、恋が人を成長させ、人生を豊かにするということが、ひとつ確実に言えることなのではないでしょうか。

おシゴト

見た目年齢

最近、イタリア人のハートを持つオトコ・営業Y氏と一緒にオシゴトしてるんですが、

本日(12日)、会話の流れで同い年だということが判明しました。

 

「僕、まねきねこさんは年上だと思ってました」

 

がーん、がーん。

そんなに私、ふ、ふ、老けてますか…?(涙)

 

違う!しっかりしてるから!落ち着いてるから!

きっとそう!

 

…と、誰も言ってくれないので、自分で自分を励ましました。(そしてまた涙)

 

ちなみにY氏、

「僕、この前美容院で6歳も若く見られたんですよ~」

と嬉しそうに語り、営業女子Fさんに

「本当に若い人は若く見られても喜ばないのよ!」

と瞬殺されていました。

 

そんな一日。はあ~

おシゴト

シゴト始め~

 
休暇明け、久々の出社ダル~
しかも午後に長い打合せがあって、眠いのなんの。
 
嬉しかったのは、マクロミルさんから
 
「データ係長」の卓上カレンダーをいただいたコト。
 
 
「データ係長」は、調査に携わったことのある人なら
 
笑えるコト請け合いの4コママンガなのです。
 
 
しりあがり寿のお仕事マンガはホント秀逸だわ。
健康

デトックス新年会

本日(8日)、同僚と元同僚(センパイ)と、新年会と称して集まりました。

行った先は、『溝口温泉 喜楽里』

こちらで、温泉&岩盤浴&アカスリしてきました。

 

口コミの評価、あんまり良くないのね…

でも入館料950円とお安いし、子供がいないので静かだし、(小学生以下は入れません)

ご近所なら一度行ってみる価値はあると思います。

 

私は今回初めての岩盤浴体験でしたが、

元々代謝がよいので、汗かきまくりで、少々ぐったり。

岩盤浴はもう行かなくていいな…

 

アカスリは久々でしたが、お肌がツルツルになって気持ちいいです。

定期的に通うといいのかも。と思うのですが。

が。

 

ワタクシ、温泉に行くと必ず頭が痛くなってしまうのです。

今日は疲れてないし、大丈夫かと思ったけど、やっぱりダメでした。

温泉好きなのになあ。