徒然

眠れぬ夜

目が冴えて眠れません。

明日からの(もう今日か)小旅行が楽しみで興奮してるんだろか。
遠足前の小学生かよ>オレ。

気付けば更新の間隔が開いてますが、書きたいことはいくつかあるのね。
以下、自分的メモ。

・メンテナンスその後
・キャラメルボックス『まっさをな』観劇
・「私のアイドル」チューリップ
・恒例ドラマ感想

健康

イロイロ・メンテナンス

 

いよいよ来週からGWですわよ。

 

余談ですが、NHKは「ゴールデンウィーク」という言い方はせず、「大型連休」というらしい。

なぜならGWとは元々、『連休中に映画見ようぜ!』という意図で、

映画業界が作ったワードだからだそうデス。

 

なんて小ネタはさておき、連休で休みに入ってしまう前に病院のハシゴ。

まずは、歯医者サンへ。

前々から(1年以上前から…!)奥歯に少し痛みがあって、

早く行かなきゃ行かなきゃと思いつつ、忙しさや体調の悪さを自分への言い訳に、放置していたのです。

でもGW中に痛みが強くなったらイヤだなと思い、意を決して行きました。

 

歯医者サンにかかるのを先送りしていたのは、

決して治療が痛いのがイヤだったわけではありません。(ホント)

先々の予定を見越して予約を入れるのが億劫だったのです。

 

でも「このまま放っておいても解決しないし!」と自らを奮い立たせ(大ゲサ)

予約の電話を入れて、またそうしたときに限って打合せが入ったりするんですが(涙)

なんとか調整し、診てもらったところ「多分虫歯ではなく、歯ぐきの炎症」とのこと。

それは、いわゆる、歯周病(の一歩手前)ってヤツですか!?

ああ、忍び寄る加齢の影響…がっくり。

 

でも歯を削らずに済んで良かった。この日は歯石とりと歯磨き指導で終了。

 

このイキオイに乗じて、歯科医同様に先送りしていた眼科と皮膚科も制覇。

億劫で先延ばしにしていた美容院まで片付け(?)ました。

どんだけ先送り体質なんだ、って話ですよ…

もう少しがんばって今月中にエステにも行こう。

(昔の自分のブログを見ると、しょっちゅうエステに行っていたのに、今年に入ってからとんとゴブサタ)

 

そして、自分的にカナリ心理的負担になっていた、ずっと放置していたパソコンを修理すべく、

東芝のサポートセンターに電話。

 

機械がニガテな私にとって、サポートセンターに電話するのは国際電話をかけるくらい勇気のいることで、

それ故に先送り、先送りでPC完全故障から2ヶ月ほど経過してしまったわけですが、

これ以上放置するのは、プロバイダ費用をドブに捨てるようなものじゃ!

と、これまた勇気を奮い立たせ、果敢に立ち向かってみたわけです。

 

とはいえ既にデータの救出には成功していたため、(サイトーさん、感謝です)

イザとなればハードディスク交換すればよかったんですけどね。

結論から言うと、サポートセンターの方の指示通りに操作したら復活しました。myPC。

こんなシロウト相手に、根気強く指示をくださった東芝サポートセンターの対応、素晴しかったです。

 

それが金曜日のデキゴト。

その後、ネットとメールの設定でひと苦労し、こちらもプロバイダーのサポートセンターに問合せて解決したのが日曜日。

(イッツコムの対応も、とても感じが良かったです)

 

しかし最初は軽快に動いていたのに、最近やっぱり調子悪いんだよなー。うーむ。

おシゴト

ワーク・ライフバランス

 
今日の日経夕刊、『丸の内キャリア塾』で取り上げられている
「ワーク・ライフバランス(仕事と私生活のバランス」というテーマ。
 
ジャーナリスト福沢恵子さんのインタビュー記事で、
“「ワーク・ライフバランス」実現のために必要なこと”
として挙げられていた2点に共感しました。
 
ひとつは、「ポータブルスキル(会社の中だけに留まらず、どこにいても使える能力)」
を身につけ、職業人としての自分自身の価値を上げる努力をすること
 
もうひとつは、お金のセンスを磨いて計画的に貯蓄や運用ができるようになること
 
それらの能力があれば、一つの職場にしがみつかなくても世の中を渡っていくことができ、
一時的に職に就かない時期があっても生活に不安を持たずに済むのです。
(スガシカオ氏も言ってました。「お金は大事だ」と)
 
最近、経沢香保子さんも「雇用の流動性」というワードをしきりに口にしていますが、
女性はどうしても出産などでキャリアの中断を余儀なくされる場面が多いため、
どこの職場に行っても通用する能力(言うのは簡単でも、実際は難しいとは思いますが…)や、
「ワーク・ライフバランス」というのは、女性が働き続ける上で重要なテーマだと思いました。
 
もちろん、私のような独り身のオンナにとっても、仕事と私生活の両立は重要です。
仕事一辺倒の人生では、身も心もカラカラに乾いてしまいます。
 
余談ですが、インタビュー記事に登場する福沢恵子さんに大昔、仕事でお会いしたことが
あるのですが、当時からカッコいい女性で、私にとって憧れの存在なのです。
 
彼女の著書(ちょっと古いんですけど)、 『ワーキングウーマンのサバイバルガイド』 という本。
働き始めた当時の迷うココロに深く刺さったものです。
今でも巷には働く女性に向けたエッセイがあふれていますが、これを超える本には未だ出会っていない、
といっても過言ではありません。
(だから、会えたときは嬉しかった!)
 
 
まあ、このネタにオチはないのですが、もうひとつ気になった記事について。
 
同じく今日の日経産業の記事によると、
「お座敷宴会のルール、マナー研修を独自に行う企業」があるんだそうです!
 
具体的には、温泉地に宿泊し、数人が一部屋に泊まる際の部屋割りの秘訣と部屋での心得、
自己紹介の仕方、冷蔵庫の使い方、大広間に浴衣姿で全員が勢ぞろいする場合の身だしなみ
などを教えてくれるんだとか。
 
ほか、料理店における宴会でも、司会の方法、主賓・主催者側のあいさつや、上座・下座の知識、
お酌の仕方、返杯方法、会話などが基本的な学習コースだそうです。
 
・・・ほえ~、いまやそんなことまでお金を払って教えてもらわなくてはいけないんですな!
 
イマドキの若いもんに「常識で考えろ!」という言葉が通用しないことは実感していましたが、
時代はここまで進んで、いえ、退化しているんですよ。びっくりデス。
徒然

寒いよー

4月っていつもこんなに寒かった?
一応、薄手のコートを着てるんだけど、ホントはまだウールのコート着てたい。
春物デビューは遠い。

あ、週末は暖かかったんだっけ?ずっと家にいたから分からなかったよ…

4月といえば、今月に入ってから電車がハゲシク混んでます。特に朝。
毎年4月は電車が混むような気がするんですが。
で、GW過ぎた頃に落ち着くような気が。

それって4月は都心にフレッシュマンが集結してるから?
それとも、NHK語学講座のテキストは4月号が一番売れるのと同じ理由?
(つまり挫折していく人が多い、と?)

ナゾだ。
ていうか、どうでもいい話題でした。

趣味的日常

ごーるど

今まで全く興味がなかったのに、突然気になってしまうコト。
ビーチリゾート、ハーフパンツ(定番化しました)に続き、今度はゴールドカードです。

きっかけは、現在メインで使っているカード会社からのDMで、
ゴールド会員だと空港のラウンジ使用が無料だと知ったコト。

タダでラウンジ使いた~い!

それに考えてみれば私も年齢だけはイイ大人なんだし、
ゴールドカードの1枚くらいは持っていてもいいんじゃない?

なんて軽い気持ちで調べてみると、他社のゴールドカードでも

ラウンジ無料サービスって結構あるのね。

ちょうどダイナースが年会費無料キャンペーン中(使用条件アリ)なので、早速申込んでみました。
(ダイナースは解釈によってはゴールドカードではないかもしれませんが。カードも金色じゃないし)

今って申込みも審査もネットでOKなのね。
余談ですが、こういった審査のときだけは、サラリーマンであることの恩恵を感じます。

実際にプレミアムカードの威力(?)を発揮できるのは海外旅行のときだと思いますが、
本当にホテルやレストランで接客態度が変わったりするのでしょうか?
ちょっと楽しみデス。

健康

峠は越えた。

なんか、しょっちゅう体調を崩してるような気がしますが、
先週からカゼをひいておりました。

熱はあまり上がらなかったものの、鼻水ノドの痛み咳頭痛、その他諸々フルコース。
でも今回は早々に病院にかかったこともあり、順調に回復しております。

なにはなくとも健康第一。
ひ弱な私は心からそう思いますわ。