趣味的日常

アフター6の過ごし方

 

普段は帰宅部OLのワタクシですが、今週は予定がびっしりです。

今日は、ナイロン100℃のお芝居『犬は鎖につなぐべからず』
を観てきました。

…猛烈に眠いので、詳しくは後日。
最近こんなんばかりでココロ苦しいっす。


一応、ちょっと内容にも触れておきます。

 

物語は大正末から昭和始めの時代、岸田國士の戯曲7本をケラリーノ・サンドロヴィッチ氏が

コラージュした作品です。

原作を知らないのですが、7つのお話をつぎはぎしたとは思えないほど上手くシンクロしていました。

 

5月22日の朝日新聞夕刊の演劇評に

「大きな事件が起きるわけではないが、日常の風景の中に潜む、愛、嫉妬、不満、悲しみ、喜びが

 あや織りになった舞台はスリリングで、時に官能的」

と書かれた通りの内容でした。

 

特に、昔風の日本語のセリフのキレイさ、端整さにはココロを洗われる思いでした。

「ねえさま、○○ですわ。」とか。女性がすごく可愛らしくみえる言葉遣いです。

 

余計な一言を言ってしまい、夫に

「そういう余計なことを言うことが、女の価値を下げる」

的なことを言われる妻、という場面では身につまされましたが・・・

 

おシゴト

大阪出張

でもって、本日は大阪日帰り出張なんでございます。
予定が立て込んでいるときに限って出張が入るんでございます。

大阪出張の際は新幹線を利用するのですが、今日はこんなことがありました。

品川から乗車した私が座るべき「13号車7番E席」に、既に見知らぬオヤジが座っていたのです。

私は自分のチケットを見せながら
「ここ、私の席なんですけど」
というと、そのオヤジも自分のチケットを取りだし、
そこにも「13号車7番E席」と書かれていました。

えー、なんで?ダブルブッキング?まさか!
と混乱しながらも
「ちょっと、もう1回見せてください!」
と言って再度チケットを確認してみると、121号という文字が見えました。
(121号って何時の電車よ!?)

「この列車は、のぞみ21号ですよ」
と私が言ってもオヤジはぽかーんとしています。
そう、日本の人ではなかったのです。

面倒なことになるのか?と身構えた瞬間、隣りに座っていたビジネスマンが
流暢な英語で状況を説明してくれて、事無きを得ました。

がそれにしても、こんな風に、電車やコンサートで私が座るべき座席に他人が座っていたり、
予約していた会議室を勝手に使われていたりすることが本当~に多いんですけど、
これも全て私が持つ「ヘンな磁石」の威力なのでしょうか?

まあ、言えばどいてくれるんですけど、そのとき詫びの一言もない人が多くて、
余計な労力がかかる上、嫌な思いまでしてゲンナリなのです。

気を取り直し、ecute品川にて購入した『豆狸(まめだ)』のいなりずしを食します。

旅行

27日の日記:伊豆干物ツアー・後編

2日目。
こちらも、先に写真のみ。


 
前日あんなに飲んだのに、みんな元気に起床。
やはりヘパリーゼは効くのか。そうなのか。
 
ダラっと朝食を食べた後は、伊豆観光の定番:城ヶ崎のつり橋へ。
手違いで(?)、ピクニカルコースを歩いた我々。
 
キツイっす!マジキツイっす!
運動不足のワタクシには、このコースは大変難儀でした。
すべって転んではならぬ、と足元ばかり見てしまって、全然景色が楽しめません!
そんな苦労の後、つり橋から見る紺碧の海は、本当にキレイでした。
しかし山歩きに疲れたのと、照りつける日差しにやられ、ブログ用の写真を撮り忘れますた。
 
『回転寿司 魚磯』にて昼食をとり、解散です。
 
その後、東京在住女子チームの車は、伊豆のバリ『ウブド』に寄ったり、
伊東の道の駅『マリンタウン』で、釜揚げしらすを買ったり限定こけももソフトを食べたりしながら
ゆるゆると家路についたのでした。
 
いやー、楽しかったです。
干物がこんなに美味しいと思ったのは初めてです。
第2弾と、甲府フルーツ狩り企画も楽しみにしてます!
 
旅行

26日の日記:伊豆干物ツアー・前編

干物ツアーとは、伊豆に行って干物を焼いて、ひたすら食べる!そして飲む!
という趣旨の旅でございます。

いま出先なので、取り急ぎ写真だけアップします。



というわけで、負け犬メンバーとの1泊旅行でした。
東京チームの車は、山手通りの渋滞により大幅遅刻。
先発隊が網代漁協で干物を買ったあたりで合流しました。
 
まずは昼食へ。
『和むら総本店』にてボリューム満点のお好みフライ定食を完食。
写真では分かりにくいけど、エビフライが巨大です。
 
そして、お腹パンパンのまま、赤沢日帰り温泉館へ。
ここは去年の負け犬遠足で行ったところです。良い温泉です。
 
その後スーパーで食料やお酒の買出し。
 
お宿に着いたら、あとはひたすら干物を焼いて食べる!飲む!
干物はどれも美味しいんだけど、特に金目鯛の干物は絶品でした!
 
みっちゃんが持参したコブクロのDVDを半強制的に見せられたり、
まえしんが持参したPCにダウンロードされた秘蔵映像(紀香のローカル番組や空耳アワーなど)を
見ながら大笑いしたり、
早々にダウンした男性陣を差し置き、焼いたイカをかじりながらガールズトークしているうちに
夜は更けたのでした。
 
グルメ

フレンチ~

何度かこのブログでも書きましたが、フレンチが好きなのです。
ごちそう=フレンチなのです。

昨日(24日・木)、以前一度行って気に入っていた『オゥ レギューム』を再訪してきました。

…猛烈に眠いので詳しくは後日。


 
ようやく続きです。
 
ここね、料理がおいしいのはモチロン、
こじんまりしていて居心地の良いレストランなんです。
しかもお値頃。
 
「3皿選べるコース」から、
 
付き出し:忘れた…冷たいスープの上にメロンを乗せたもの
前菜: 白&緑アスパラと旬のアサリのブールブレゼ ホタテ貝のクリュとパセリ
主菜:これも忘れた(汗)…確かラムのスペアリブ
デザート:タルトショコラ バジルのアイス添え
 
余談ですが、この日は転職のお祝いで伺ったんですけど、
予約の電話を入れたときに、お店の方に「お祝いですか?」と聞かれ、
「何かお祝いの演出ってあるんですか?」とたずねたところ、
「デザートにメッセージをお入れします」とのこと。
 
『○○ちゃん、転職おめでとう~!』とか、『輝かしい未来へはばたけ!』とか書いてもらおうか
一瞬悩みましたが、当の○○ちゃんは、エエ年の大人なので嫌がらせになってしまうと思い、
やめたのでした。
 
徒然

給料日前

・・・だからというわけではありませんが、気づいたらお財布に142円しか入っていませんでした。
なので、本日発売のテレビブロスが買えませんでした。
 
普段はもう少しお財布にお金を入れているんですが、
ときどきこういうことがあります。
そんなときに限って飲みに誘われたりして。(今日は行ってませんが)
 
昔、夕方の打合せの流れで後輩の営業くんに「今から飲み行きましょーよ」と誘われ、
「いや、お金ないから」と断った先輩(=私。カッコ悪い)でしたが、
「大丈夫!貸しますから!」と強く言われて(オゴリじゃないのね)
居酒屋で遠慮なくガンガン飲み食いして、お会計の段になって、後輩くんが
カードで支払おうとしたところ、カードが使えないお店で青ざめ、
「僕2000円しか持ってないんですけど、まねきねこさん(仮名)はいくら持ってます?」
「25円」
「ええっ、本当にお金なかったんですね!」
なんていう情けない会話をしたこともありました。成人として情けない・・・
 
いくらカード社会といっても、現金は大事だよ!
という教訓になった出来事です。
 
結局そのときは、後輩くんが身分証明書を見せて、名刺を置いて、無理やりツケにして、
次の日に払いに行ったんでした。(後輩くんが)
 
ん?今思えばなんでコンビニにお金おろしに行かなかったんだろ?
コンビニATMが普及してない時代だったのかな。忘れました。