おシゴト

出世の条件について考える

 
先週の金曜(19日)、私が以前いた部署で担当していたクライアントさんから、
「情報交換会」、という名の飲み会にお誘いいただきました。
 
異動して約4年、今の部署では仕事上の関係はないのに、
いまだに声をかけていただけるのは有難いことです。
 
4年の間に、クライアントのオジサマたちは、部長やら役員やらに
ご出世あそばしていました。すごいなー。
(人事のリリース見て知ってましたが)
 
仕事でご一緒していたときから、優秀な方たちだと思っていましたが、
実力があれば必ず出世できるとは限らないサラリーマン社会。
彼らに限らず、出世した方々に共通することってなんだろう?と考えてみました。
 
で、ワタクシ独断により導き出した出世の条件とは、次の3つです。
 
1.頭がいい
 
 これは当然はずせない。
 でもここでいう頭の良さは、英語が話せるとかMBA持ってるとかではなく、
 学歴も、根強い学閥がある組織もあるでしょうが、あまり関係ないと思う。
 理解力、判断力、先見性などの「地頭の良さ」です。あと行動力も必須。
 
2.明るい
 
 人に好かれる性格であることは大事です。そして、いわずもがなの「コミュニケーション能力」も
 ただ調子がよかったり、寒いギャグを連発することとは違います。
 語弊があるかもしれませんが、「育ちのよさからくる素直さ・明るさ」を持っている人って、
 出世しやすいように思います。
 
3.遊び人
 
 出世した人を見てると、「お酒ダイスキ・女性ダイスキ・趣味多し」っていう遊び人タイプが多いのよね。
 奥さんは大変だなー。「亭主元気で留守がいい」ってタイプじゃないと続かないんだろうな。
 でも、景気が悪くなった昨今でも、つきあい(あるいは接待)キャバクラや、上司のゴルフのお供とか、
 できないよりできた方が、上司の覚えもめでたく引き立てられるのは想像に難くない。
 それに、人生を楽しめる人の方が人間的に魅力がある、という側面もありましょう。
 
 
総じてエライ人って、エネルギッシュで仕事を楽しんでいる風の人が多いという印象があります。
私が男だったら出世はムリだな(苦笑)
 
なお、上で挙げた条件は男性限定です。
出世する女性の条件は、また違う気がします。わかんないけど。
 
また、これらは「出世した人たちに多く見受けられる共通点」であって、
「これを満たせば必ず出世できる条件」ではありません。
そして、出世した人が人間的に優れていると言っているわけでもありません。
悪しからずご了承ください。
 
 
ところでこの日は、私に好意を持ってくれている人の会、
つまり「ファンの集い」だったわけですが、(スイマセン!)
エライ人について考えたついでに、若くもなく、とりたてて美しくもない私が、
なぜオジサマ方の寵愛を受けているのかも考えてみました。
 
(あんまり言うと刺されそうですが、結構ファンが多いんです、私)
(ちなみに過去にもちょこっとそんな日記書いてます。コレとか)
(でもファン層は基本的に既婚のオジサマなので負け犬脱出できないんです)
 
自己分析するに、まず、仕事には誠実に取り組んでいることが大前提。
うそをつかない。約束は守る。
 
それだけなら当たり前です。
私がオジサマたちにモテる理由はなにか?と考えるに、おそらく、
 
「にこやかで一見優しそうだけど、言うべきことはズバっと言うところ」
 
が支持されているのだと思います。
いわば、「癒し系S」ね。
 
世の中には、ナベズンのように自分のイイナリになる従順な女性を好む男性がいる一方、
ある一定数「女性にズバッと言われたい男性」が存在しているように思います。
 
しかし、ある程度年をとると、会社で女性にズバッと言われる機会が減ってしまう。
しかも、ただキツイことを言われるだけでは傷ついてしまう繊細なオトコゴコロ。
そこで、私のように「甘辛バランス」のとれたオンナが重宝されるのでしょう。
 
それにしても、仕事上は「甘辛バランス」をうまく取れてるつもりのワタクシ、
実生活では「辛」過多になってしまいがち。
それが敗因だと、書いてて気づきました。反省。
 
徒然

ツカレている私のちょっとした不幸

今日も今日とて残業でごわした。

さえないことばかり書いている今日この頃ですが、
さらに自虐的に最近の失敗談など。

その1.

先週の土曜、自由が丘の改札を出てすぐの段差で、
思いっきり転びました。
一瞬、放心状態で、まさにorzな姿勢で数秒間その場に。
厚手のデニムを履いていたので流血は免れましたが、徐々にアザになりつつあります。

その2.

おみやげにもらった、おまんじゅうが痛んでました。多分。
そういえば、ちょっと酸っぱいニオイがしたのよね…
おかげで今日は天然デトックス状態に(涙)
アブナイと思ったら食べるのを止めれば良かったのに、
カンペキ判断力を失っていました。

その3.

今朝、会社のデスクに置いていた飲みかけのスポドリPETボトル、
急に上司に呼ばれて立ち上がった拍子に倒しました。
キーボードにかからなかったのが不幸中の幸いです。

おまけ.

「リア ディゾン」と言うつもりが、口がまわらず
「リアデゾン」と言ってしまいました。
ちょっとの違いなのに、すごくカッコ悪いよ…

そんな日は、「自分へのごほうび」を買ってもイイですよね…?

と自分に言い訳し、打合せの帰りに通りかかった和菓子屋さん、
四ッ谷の『玉屋』にて、季節限定「葡萄大福」と「きんつば」を購入。
「葡萄大福」は、白あんに大粒の葡萄がふたつ入ってるもの。
めちゃめちゃ美味しかった!

趣味的日常

サラリーマン的に共感

 
最近ミョーに気になる、缶コーヒー『Roots』の駅貼りポスター。
専用サイトがありました→
 
結構どれもリアリティがあって、思わずクスッとしてしまいます。
 
特に私が気に入っているのは、
 
「どっちでもいいのに、賛否両論」
「謙遜したら、真に受けられた」
「空気を読んでいたら、ただの無口な人になっていた」
「たしかに似てるが、かわいくはない」
「彼女のくしゃみがオッサン」
 
あたり。ほかにも色々面白いデス。
 
こういう、一言ギャグみたいなのが好きみたいです、私。
ふかわりょうも嫌いじゃないし。(地味にカミングアウト)
 
おシゴト

笑うしかないほど忙しい日々継続中

いろんなことを後まわしにしている気がする今日この頃。
(当然、女子力も低下中)

ボサボサ頭のまま、本日は大阪出張です。

話かわって、毎日新聞の別刷り「日曜くらぶ」に連載中の、
心療内科医である海原純子さんのエッセイに
先日(9/30)こんなことが書かれていました。
以下、一部抜粋。

「人を疲れさせたり病気に追い込むのは、ただ単に忙しいということではなく、
納得がいかない忙しさなのか否か、ということが問題だ。

自分が納得いく忙しさ、自分がやりたいことをやっている忙しさなら、
体が疲れても休息をとれば回復する。心までも疲れ切ってしまわない。

ところが、嫌なことを我慢してやっていると、休んでも疲れが残る。
そのうち、酒やたばこや買い物でまぎらわせ、
それをストレス解消とか、自分にごほうびとかいって正当化する。

しかし、根本的な問題は、自分が本当に納得のいく生き方をしているかどうかということなのだ。
この大前提を間違ってはいけない。」

…まるでワタクシに向けられたメッセージのようですわ。
買い物やエステや外食などなど、
ストレス解消とか自分へのごほうびとかいって正当化してます、ハイ。

海原先生のおっしゃることは、全くもってその通りだと思うし、共感します。
でも、でもね。

100%納得いく人生を送っているヒトなんて、いるのかしら?

「ま、イヤなこともあるけど、まあまあ幸せかな」
って人生に折り合いをつけてるヒトがほとんどなのではないでしょうか?

もちろん、嫌なことや辛いことを我慢しすぎて
体や心を壊したら何にもならないけど、
納得いく人生を追求するのも、度を超すと、私のキライな
『本当の自分さがし』という出口のない道に迷い込みそうで、キケンな気がします。

とはいえ、今の私がキャパオーバー気味なのは事実。

お昼のお弁当を買いすぎてしまったのも、
無意識のうちに「自分へのごほうび」をあげたかったからに
違いありません…

おシゴト

なごむ…

笑ってしまうほど忙しかった今日、
夕方から打合せした外部の会社の女子が
「しろたえ」のレーズンサンドを差入れしてくれました。

ウレシイ。その気遣いが。

彼女いわく、
「レーズンサンドが好きなんですよ~」とのこと。

うん、おいしいよね、レーズンサンドは。
私は「小川軒」のも「六花亭」のも好き。

「しろたえ」のレーズンサンド、初めて食べたけど美味しかったデス。

趣味的日常

SUGA SHIKAO「FUNK FIRE TOUR ’07」

先週の3連休明けの9月25日、
さるこさんとスガシカオのライブに参戦すべく
ZEPP TOKYOへ。

シカオのファン歴が浅い私、彼のスタンディングのライブは初めてです。

どんな雰囲気なの?
っていうか、立ちっぱなしなんて体力的に不安なんですけど!

という、まさに期待と不安が入り交じる中での参戦であります。

当日はMC少なめ、バラードなし、
そしてタイトル通りのファンク責め、という構成。

で。

ちょっとちょっと、今まで観て来たライブと全然違うんですけど!
これがトランス状態ってヤツですかお母さん!
たーのーしーいー!

とわけわからなくなりながらも結論:
スガシカオはやっっぱりカッコ良い!

お互い興奮さめやらぬまま、さるこさんとの居酒屋での
打ち上げ(ガールズトーク?)もまた楽しく、
夜は更けていったのでした。

ところでリアル友の皆さん、さるこさんは8月に入籍されたそうです!
改めてこの場を借りて、お祝い申し上げます!