旅行

京都駅でのデキゴト

 
(日常に戻った途端にエネルギーが切れて、更新遅くなりましたが続きです)
 
そしてお昼ごろ京都着。
予想通り、いえ予想以上に人が多い!
世間は春休みだしね。
 
なにげなく京都は久々だったのですが、
実は密かに心配していたことがありました。
 
「コインロッカー空いてるだろうか?」
 
以前京都を旅したとき、シーズンど真ん中でもなかったのに
便利な場所のコインロッカーが空いていなくて、
ちょっと外れにあるロッカーを利用した記憶があったので。
 
ま、でも何とかなるでしょ。(今までも何とかなったし)
と思っていたら。
 
はたして、コインロッカーはどこも空いていなかったのでした。
 
広い京都駅の端から端までくまなく見て回りましたが、ひとっつも空いてない。
それどころか、大荷物を持った、いかにも観光客な人々が
ゾンビのように(←大げさでなく)、獲物を探す目つきで大勢、
駅構内を殺気立って徘徊しているのです。コワイ!マジで。
 
手荷物預かり所まで受付中止の有様ですよ。
 
いちおう出張帰りなので仕事の資料もあったりして、結構大きな荷物を持ったまま
1時間以上も駅をウロウロとさまよい歩いてイイ加減疲れたワタクシ、
 
「こんなんだったら荷物担いだまま観光しても同じことだよ…」
と地下鉄の駅に向かい、案内表示をみながら
「祇園にいくには、やっぱりバスのほうが便利かなあ」
とボンヤリ考えていたら、5mほど離れたコインロッカーから荷物を出した人がいた!
 
すかさずロッカーに歩み寄ったところ、はるか後方からスゴイ足音を立てて走ってきた
ひとりの女が。(たぶん同世代)
 
女:「今!同時でしたよね!?」
 
私:「はあ?私の方が早かったですよ」
 
女:「ずるいですよ~ジャンケンで決めましょうよ~」
 
私:「(何だその語尾を延ばした話し方は…) いや、私の方が早かったんで」
 
女:「え~そんなあ~ヒドイじゃないですか~」
 
なおも食下がってくる女を無視して、私がサッサと荷物をロッカーに入れたらあきらめたようですが、
なんか一気にイヤ~な気分に。
言いたくないけど、こういう割り込みって女ならではの図々しさね。キライだわ。
しかも、ジャンケンって何だよ。子供か!
 
と、苦々しく思いながらお財布を見たら、なんと100円硬貨がない!(涙)
さっきの女が近くにいないことを確かめ、あわてて地下鉄の切符を買って小銭をつくり、
事なきを得ましたが、約1時間の「コインロッカー難民」生活と併せてドッと疲れが…
 
これが情けなくも壮絶な、「京都駅・コインロッカー事件」でした。
ひっぱった割には下らないネタで失礼~
 
 
JRさん、京都駅のコインロッカーは常に不足気味です。
せめて観光シーズンは手荷物預かり所を増やしてください。
 
 
★3月31日追記★
 
今日のお昼時、夕方から出張に出かけるという協力会社の女性と品川で打合せがあったのですが、
彼女も荷物を預けようとして、品川駅でコインロッカー難民になったそうです。
 
結局ロッカーは空いていなくて諦めたとのことで、
「醜い争いに敗れました~」と言いながらカートとボストンバッグと撮影機材をかついで
打合せ場所に合流しました。かわいそうに…
 
観光地だけでなく、ターミナル駅のコインロッカーも絶対的に足りていない模様です。
 
広告

6 thoughts on “京都駅でのデキゴト”

  1. いや、これは相当なボディブロウですよ。
    かなりききますよ。
    しかし。。その女の神経がよくわかりませんね。
    どんだけずうずうしいんだ。
    でもそういうテンションの女に負けてついついじゃんけんとかしちゃわなくて良かったですね。
    危ない危ない。。
     
    あ、4月、あいかわらず忙しいですか?
    第二週か第三週の平日、まねきねこさんの会社付近まで行ったらランチできませんか??
    一応4月第3週まで育休でなおかつ、ならし保育中なので、どうかなぁと・・。
    ってメールしろって話ですが・・・失礼しました。
     
    くまろん

  2. くまろんさん
     
    やっぱりそう思う?うっかりつられなくて良かったわホント。
    ロッカーからの立ち位置からして明らかに私の方が近かったのに
    それでも突進してくる根性に、ある意味感動しました。
    それくらい図々しくないと幸せ掴めないのかも?なんて人生について考えたりして(笑)
     
    ところでもうすぐオシゴト復帰ですね。
    平日ランチ、直前にならないとナカナカ予定が立ちにくくはありますが、
    大丈夫ですよ!行きましょう行きましょう。
    詳しくはメールで!

  3. こんばんは!
    私はそんな図々しい女にあったことは無いけど、「コインロッカー無」事件は2度程遭遇したことがありますよ!
    1度目はGWの仙台駅。この時は荷物預かりも当然中止。酷かった。
    正に↑で書いているような「大きな荷物を抱えている人達がゾンビのように駅を徘徊」していた。
    この時私の荷物はそこそこ小さかったから、ふと気付いてちょっと歩いて地下鉄の駅に行ったら空いてた!2・3個だったけど。
    2度目は年末の三ノ宮駅。これも酷かった。大きなキャスターだったから預けないと絶対無理だったから、後輩に探しに行かせ、駅前の洋品店が個人的にやってる荷物預かりに預けられた。
    両方とも何とかなったとは言え、観光シーズンの観光地のコインロッカーの数は一考の余地アリですよね。

  4. オモシロかったです。って笑っちゃ失礼ですけど、さすが筆の立つまねきねこさん、私の頭の中で見事な再現ドラマができあがりました(笑)大荷物をもった人達をゾンビにたとえたのもウケました。
    TVのニュースで小学生の男の子が小説を書いて何かの賞を取ったという話で、そのお母さんは男の子が生後半年くらいから一日30冊の本を読み聞かせたそうで、インタビューに答えた際も語彙が豊富でビックリ。最近忙しさにかまけて本読みを疎かにしていたのを後悔、早速本屋で本を探しています。まねきねこさんもじゃんぼおかんさんも読書がお好きですもんね、やはり読書は大切と改めて感じました。

  5. みっちゃん
     
    頼まれてたコブクロのDVD、送れなくてゴメン!録画はしてあります。
    あと就職おめでとう!とまずは私信から。
     
    GWや年末の観光地のコインロッカー争奪戦も凄そうだね。
    その日ホテルに泊まる人は、ホテルに預けてよ…と自分勝手に思いつつ、
    それでも絶対的に足りてないよね。ホント何とかしてほしいです。

  6. totoroさん
     
    あはは、ちょっとしたドラマでしょ?
    たぶん関係ない人にとっては、ただ人が多いだけの全く何てことのない風景だったと思うけど、
    当人たちは必死よ。
     
    ところで読書、好きですね~
    最近マジメな本を読む気力はないのですが、軽い本は常に読んでいるような。
    読書は趣味というより習慣という感じデス。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中