趣味的日常

らっきょうを漬けてみた。

 
フォーシーズンズでリセットした(個人的)連休初日の14日。
(お泊りしたのは13日の金曜日でした)
 
4ヶ月くらい前にお直しに出していた冬物のパンツをやっと引き取ったり、
ついでにお買い物をしたり(冬物レザーの予約までしてしまいました)、
歯医者さんに行ったり、クリーニング屋さんに行ったりと、
モノグサな私にしては活動的に過ごしました。
 
で、日の暮れかけた夕方に思い出したのは、
「鳥取で入手した“根付きらっきょう”を、いい加減なんとかしなくては…」ということ。
(注:鳥取は砂丘らっきょうの産地として有名)
 
   
 
ずっと玄関先に置きっぱなしにしていて(結構なニオイがするので) 
気にはなっていたので、重い腰を上げて、ベランダで“根切り”に取り掛かりました。
 
   
 
うう、結構な重労働ですよ。
すべての“根切り”を終えるまで、1時間以上かかりました。
最後の方は陽もとっぷり暮れて、暗い中での作業に。
 
ここで台所に移動し、らっきょうを水洗いします。
らっきょうは砂地で育つため、洗っても洗っても砂が!
この段階では、多少汚れが残っていても良いそうなので、
適当なところで塩を振って、一晩置いて水分を出します。
 
この時点で、相当、首と腰に負荷がかかっています…
 
   
 
ちなみに、家でらっきょうを漬けるのは初めてなので、
パンフレットやネットを参考にしました。
 
 
翌日、さらにもうひと皮剥きます。
写真ではよく分かりませんが、手前が剥く前、奥が剥いた後の状態です。
 
   
 
実は前日までの疲れのせいか、このとき頭ががガンガンしていたのです。
で、途中でちょっと寝たりしながら、ようやくすべての皮むきを終えたのは夕方。
いやはや、らっきょうの下ごしらえがこんなに過酷だとは思いませんでした。
(ネイルはハゲ、爪も折れ。何しろ首と腰がイタイ)
 
でも、ここまで来たらあとの作業は一気に進みます。
らっきょうを熱湯で10秒湯通しし、煮沸消毒した密閉ビンに入れ、
別途作っておいた甘酢に漬け込んだら終了~☆ ああツカレタ。
 
     
 
ちなみに、右の写真の黒いのは、鳥取から帰ってきた翌日に少しだけ作ってみた醤油漬けです。
素材が良いせいか、適当に作った割にはウマイ!
さらにビンに入りきらなくて残った下ごしらえ済のらっきょう、そのまま食べてみたらイケル! 
 
手をかければ美味しいものが出来るとは限らないのが手作りの厳しいところですが、
うーん、甘酢漬けも美味しくできるといいなあ。
食べ頃は1ヵ月後です。楽しみ♪
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中