結婚観

「結婚しなくても幸せ」73%

読売新聞社が行った『結婚観』についての調査結果の記事が

2月25日(金)に大きく掲載されていたので、軽く抜粋してコメントしてみます。

 

 

20代~70代の男女3000人に聞いた『結婚観』調査より

 

●人は結婚した方がよいか

 → したほうがよい 全体:61%  (2003年の調査より7%up)

            既婚者:65%、未婚者:45%

 

●結婚しなくても女性は幸福な人生を送れると思うか

 → そう思う 全体:53%

         既婚者:50%、未婚者:69%

         未婚男性:67%、未婚女性:73%(2003年調査より10%up)

 

 

“結婚した方がよいとは思うけれど、結婚しなくても幸福”という結果です。

拡大解釈すれば、

“いい人がいれば結婚したいけど、妥協して結婚するよりはオンナひとりでいた方が幸せ

とも読めますね。

以前書いた日記の“切実に結婚したいと思っていない人たち”を裏づけるデータであるともいえます。

 

今の独身女性は総じて理想が高くなっているのかもしれません。

なんて他人事みたいに言ってみたり。

 

しかし、この手の『結婚観』調査、増えましたね~

 

お買物

散財

普段の週末はほとんど家から出ない私ですが、

今日は通院のため外出したので、ついでに恵比寿に寄り道してお買物。

 

HPを見て目をつけていた下着を買うため、アトレの『ブティックシーン』へ。

lejaby(レジャビー)の“ジプシー”シリーズの新色。

店内を色々見ているうちに、シバリスの“ROSY”シリーズも気になる。

私のサイズは在庫がなかったけど、他店から取り寄せれば14時頃には到着するとの

ことなので(そのとき12時半頃)、ランチをしながら待つことに。

 

外は寒いので、恵比寿アトレ内の『マトリョーシカ』にて、ボルシチランチを食べてみました。

(ボルシチ好き~)

 

ゴハンを食べながら目を通していたアトレの情報誌に、“花粉専用マスク”が載っていたので、

早速購入。ストレッチの効いた布製で、立体的になっていて顔にフィットします。

 

今年は花粉が大量飛散するそうなので、マスク買わなきゃな~と思っていたのですが、

ドラッグストアでよくみる不織布のものは硬くて、顔が擦れるのでは?と思い、

躊躇していました。(自称敏感肌)

かといって昔からあるガーゼのものは隙間から花粉が入りそうだし・・・

 

まだ使っていないけれど、これは具合が良さそうな予感がします。

ちなみにウテナの『Dr.mask』という商品です。税込み1260円也。

 

そうこうしているうちに14時になって、再び『ブティックシーン』に戻り、試着。

う~。どっちも可愛い・・・

 

ランチに飲んだロシアンティーに入っていたお酒に酔ったせいか?気が大きくなり、

結局両方購入してしまいました。

 

漫画家の安野モヨコさんは、『美人画報』という本で、“ブティックシーンに行くと、ひと財産失う”

と書かれていましたが、まさに私もひと財産失いました。

 

※この写真の商品を全て購入したわけではありません(^^;)

 

おシゴト

サラリーマン的憂鬱

今日は久々に外出も打合せもない日で、たまっていた交通費の精算が出来ました。

 

ウチの会社は、交通費を含む経費の精算期日が1ヶ月しかありません。

(以前は3ヶ月だったのに~)

1ヶ月なんて、バタバタしてたらあっという間に過ぎてしまいます。

 

その他、スタッフいじめ?と思いたくなるほど、色々と締め付けが厳しくなっています。

出張の新幹線代は領収書が必要になったり、宿泊費は実費精算になったり。

 

★解説★

以前は新幹線代については領収書がいらなかったため、格安チケットを利用、

差額をおこずかいにするもよし、グリーン車を利用して疲れを最小限にするもよし、だったのです。

(大阪までの格安チケットのグリーン料金と、普通車料金の定価は、ほぼ同料金)

 

また宿泊費は、場所によって一律の金額が支給されていたため、旅の窓口などで

安い宿を予約して、差額を食事代にしたりしてました。

 

 

今ではそんな“ささやかな”やりくりもできない制度になってしまい、

モチベーション大幅ダウンです。

 

しかも、会社は全然経費節減にはなっていないのですよ。

実費精算になるなら、新幹線の切符はチケット屋じゃなくてみどりの窓口で買ったり、

限度額いっぱいのホテルに泊まるだけだし。

 

ふ~。

 

趣味的日常

24日の日記:「TRUTH 」観てきました!

キャラメルボックス「TRUTH」 ストーリー

 

山本周五郎の小説「失蝶記」を題材にした物語「TRUTH」。

舞台は慶応4年、上田藩の江戸藩邸。

6人の若い藩士が、仕えている上田藩、そして日本の将来についてを考え、

ある行動を起そうとするが、6人の中から思わぬ裏切り者が現れ…。

 

ということで、時代劇です。

以前観た「SHIROH」での上川隆也さんの殺陣シーンにシビれた私としては、

今回も上川さんの立ち回りを非常に楽しみにしておりました。

 

キャラメルボックスのお芝居は、8年ほど前に1度観たきり。

ハートウォーミングな、ハッピーエンドのお芝居をする劇団だという認識しか

持っていなかったので、「TRUTH」はかなりイメージを覆されました。

この作品は再演なのですが、1999年の初演のときに、

キャラメル初の悲劇として話題になったらしいですね。

 

上川さん目当てで行ったのですが、他の役者さんも良かった~。

ハイテンションな前説から始まって、お芝居、カーテンコールまで、

とても楽しく過ごすことができました。

 

あと、「おしずかに!」って印刷された黄色いポケットティッシュが配られたり、

(話し声が大きい人へのイエローカード代わりになるモノ)

不要なチラシの回収箱が用意されていたり、グッズが充実していたりと、

運営がシッカリした劇団なんだな、という印象を受けました。

 

劇場を出た後は、『ロータス』というタイ料理屋さんで、同行の友達と夕食。

おいしい!そして安い!普通に飲んで食べて、一人2000円弱。

 

外はミゾレが降っていて寒~いけど、気持ちほっこり大満足の夜でした。

 

趣味的日常

中尊寺ゆつこさんの本

今日まで休暇を取っているので、家で休養。

元町のチャーミングセールにでも行こうかな、と思ってたけど、

結局そうじと洗濯、あとは本を読んで終わってしまいました。

 

読んだのは先日亡くなった、中尊寺ゆつこさんの「セレブ列伝」など。

この方の“オヤジギャル”のマンガは面白くて大好きでしたが、

マンガ&エッセイのこの本や、「アフリカンネイバーズ」というアフリカ旅行記なども、

文章にキレがあって、とても良いのです。

 

この「セレブ列伝」は、ゆつこさんのアンテナにひっかかった女性77人について

描かれていますが、視点が、やはり故人のナンシー関さん(この方も好き)に

通じるものがあるように思います。鋭いのです。

 

平凡な言い方になってしまいますが、もっと描いて欲しかったです。

合掌。

旅行

21日の日記:鳴門旅行(2日目)

朝8時頃起床。両親はとっくに起きていて、父は既に一風呂浴びてきた様子。

私もノソノソっと起き、朝食前に温泉へ。

朝食もなかなかに豪華でした。

 

チェックアウト後、うずしお汽船にて観光。今日はバッチリ鳴門の渦潮が見えました。

潮には、小潮、中潮、大潮とあり、大潮のときには2メートルくらいの高さに

渦を巻くそうです。迫力ありそうですね。ちなみにこの日は中潮でした。

 

その後、船の待合所のおばちゃんに色々相談して、タクシーをチャーターすることにしました。

貧乏旅行が常の我々親子にとって、初めての贅沢です。

ていうか、このあたりは、公共の足がほとんどナイのです。

20日の移動もタクシーでしたが、流していないので、いちいち呼ばなくてはいけなかったのです。

 

漠然と、淡路島に行こうかな、と思っていたのですが、

今時分は寒いし、見どころも少ないということで、市内観光をすることに。

行ったのは、途中昼食をはさんで下記の通りです。

 

四国八十八箇所めぐりの、第一~第三番札所

   (霊山寺、極楽寺、金泉寺。寒いのにお遍路さんはいらっしゃいました)

大谷焼きの窯元 (赤土を使った素朴な焼物です)

鳴門市ドイツ館 (ドイツ兵が第九を日本で初めて全曲演奏したそうです)

阿波踊り会館 (阿波踊りのショーが楽しい)

藍の館 (藍染めの歴史展示があり、藍染め体験もできます。体験しなかったけど)

 

徳島空港まで送り届けてもらいましたが、出発まで3時間もある(^^;)

売店をウロウロしたり、送迎デッキで飛行機を見たりして時間をつぶし、

20:05発の便で、東京へ。

 

疲れましたが、両親は喜んで帰っていったので、とりあえず肩の荷がおりました~

 

旅行

20日の日記:鳴門旅行(出発)

4:30起床。半端じゃなく眠い・・・

格安ツアーなので、早朝出発便(6:50)なのです。

家の近くでタクシーに乗り、湾岸ドライブ。

明け方のレインボーブリッジは、なかなか素敵でした。

 

8:05に徳島空港に到着。まずはホテルに荷物を預けて、早速観光へ。

 

まずは、渦の道。大鳴門橋の下が遊歩道になっています。

足元のところどころが透明ガラスになっていて、海を見下ろせるのが結構コワイ。

雨が降り出したこともあって、吹きさらしの橋は寒い!!

ちなみに、渦は年中巻いている訳でなく時間が決まっているので、ここでは

渦潮は見られませんでした。

 

予定では、このあと鳴門公園あたりをのんびり散策して、鳴門山展望台にでも

行くつもりだったのですが、雨と風と寒さに耐えられず、屋内施設である

大塚美術館へ行くことに。

 

そこは大塚グループが400億円を投じて作った(らしい。作品は別)

陶板のレプリカ作品約1000点を展示した巨大美術館です。

レプリカってどうなのよ?と思っていましたが、オリジナルを写真撮影し、

陶板に印刷し、同じ大きさに再現したもので、とても精巧な出来です。

特に、『最後の晩餐』の、修復前と修復後の作品を向かい合わせに展示した小部屋は

間違い探しのようで、とても興味深かったです。

 

館内をじっくり見ているうちに雨も上がってきたので、美術館裏手の山から

お茶園展望台まで足を伸ばし、高台からキレイな海を眺めることに。和むわ~

 

早めに鳴門グランドホテルにチェックインし、さっそく展望露天風呂へ。

最上階のお風呂からは、海が一望できます。

さらに屋上の露天風呂は眺めが良いけど、あまりの寒さに3分で退場。

 

ちょっと余談ですが、旅館の浴衣って、予約時の年齢や性別で、

サイズ別にお部屋に用意されてることが多いですよね。

今回は両親と私というメンバーなので、大1枚、中2枚の浴衣が置いてありました。

でも大柄な私には、女性サイズの浴衣では小さいことが多いのです(泣)

幸い(?)父は小柄なので、私が「大」の浴衣を着て事なきを得ましたが、

以前ボーイフレンドと温泉に行ったとき、彼にフロントに電話してもらって

浴衣を大きいサイズに交換したときは哀しかったです。大女でゴメンよ(TT)

 

さて待望の夕食は、名物の鯛を使った和食です。

メニューは

前菜  珍味三種
刺身  活鯛姿造り、酢立、山葵醤油
油物  有頭海老天ぷら、金時芋、茄子、青唐
焼物  宝楽焼き鯛、サザエ、金時芋
替り鉢 鯛のうす造り(ぽん酢味)、若布、薬味
煮物  鯛頭荒煮、ゴボウ、若布、木の芽
食事  御飯、香の物、吸い物
水菓子 季節の物(スダチシャーベット)

と、格安ツアーにしては、なかなかの充実ぶりでした。満足。

↓左上:刺身(この時点では、下の鯛は身を削られつつまだ生きていて、後に煮物として再登場します)

 右上:焼物

 左下:替り鉢&煮物   全て鯛